スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 名古屋オフ 第一章 ~熱烈なKissはベッドで頼むぜ~

7月5日当日、その日はうだるような暑さの日だった・・・

この男、キョウ・クサナギと名乗る男は普通に8時に出社していた。
休日にも関わらず・・・

だが、この日はこの男にとって特別な日であった。

そう、もっさりサミット@名古屋の日であったのだ。

適当なところで仕事を切り上げ、帰宅し、家事をこなして時間通りに名古屋に向かうつもりだった・・・
だが、帰宅後彼は驚くべき行動に出るが、これはまた別のお話。

靴下の洗濯に梃子摺りながらも、順調にこなしたが、気づけば15時半。
うん、ほぼ遅刻確定。
ってか、ぶっちゃけ遅刻。


「こいつぁヤベェ!!ゲロ以下の匂いがぷんぷんするぜ!」

と、一人ごちてスーツを着替える暇さえ惜しんで家を出、新大阪に向かうキョウ・クサナギ。

がばちょに遅刻する旨を伝え、Mixiのコミュに遅れる旨を書き込んでいた際交差点を曲がってきた車に熱烈なKissをされるキョウ・クサナギ(その後バンパーの上に転がった)


「安西先生・・・ 腰が・・・ すごく痛いです・・・」

だが、これ以上遅れるわけにはいかず、運転者の連絡先だけ控え、新幹線に飛び乗る。
新大阪の滞在時間わずか5分。その間に土産として点天の餃子を買う。

そして座席に座り、来るべき決戦に備え、胃薬を飲む戦士クサナギ。

胃薬を飲みながら、彼はこう呟いた。

「俺、このオフが終わったら、故郷(クニ)に帰るんだ・・・」



To be continued・・・






うん、次は普通に書こう・・・
スポンサーサイト

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

★No title

ぶっちゃけそこまでひどい目にあってるとは知らなかったぞ(;´Д`)

★No title

ぶっちゃけそこまでひどい目にあってるとは知らなかったぞ(・ω・;;)

★No title

そんな目にあってたのかw

それ、大丈夫なんですか???

★No title

>がばちょ
俺、無敵だから大丈夫

>ファクトさん
俺、最強だから大丈夫

>ひろぽさん
地味にひどい目にあったw

>トーリーさん
トーリーさんの介護が必要
プロフィール

キョウ・クサナギ

Author:キョウ・クサナギ
Notosのフランス貴族です。
趣味で酒宴と口説きを少々・・・。

生活費は収奪で稼いでおります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。